(読者)の方にプレゼント!詳しくは記事に記載☺️ ミルクティーのブログ

レジマグで競馬予想をしているミルクティのブログです。

まん延防止等重点措置が出される

お花見🌸はされましたか???


家の花壇の水仙は満開、道路脇にはふきのとうがびっしり、自宅紫陽花も枝から芽が出て来てすっかり春を感じていますが、夜はまだ暖房を付けていたりもします。


さて、何やら仙台の方はコロナ患者の方が増えて大変になってきました、、😑

ちびっこはお出かけしなくても文句も何も言わないけれど、せめて年寄りがワクチンを打つまではアンパンマンミュージアムにも連れていってあげれない😣


去年「コロナで変わるを世界を予想」という記事を書きまして、
飲食店における換気や消毒の徹底、
仕切り板等の対策や接客におけるタッチパネル等の導入を予想していたんですが、、、

現実は一年経っても未だに市民(事業者)は対策を

「何もわかってはいなかった」

という事になります。😑


これって果たして市民が悪いのでしょうか???


答えは勿論「No」です。



一年近く経って病院でクラスターが起こった時に、記者会見をした院長が、

「コロナの感染対策がきちんと出来てなかった、不十分だった」

こう答えているんです。

はっきり言ったら医療従事者はその道のプロであるし、更に福祉施設、実は普段から感染対策は割とちゃんとされている部類の職場です。

インフル、ノロ、一年を通じて色んなウイルスが流行をしますし、看護師が常駐し、常に感染対策の研修や職員への周知も徹底。


季節性の他に真菌の方や他者に移るウイルスを保有をされた患者さんも入居される為、
感染対策には気を遣う。

❮なのにも関わらず❯
全国の病院や福祉施設クラスターが爆蔓!!!


ほとんどの市民には感染症の知識なんてまずないし、プロでもそうなんだから素人が考えて対策なんてまず無理無理。😑


なので行政が❮最初から❯❰具体的❱指導をするべきでした。


最初からきちんと❮やってさえおけば❯、
爆蔓はしなかったはず🤔


(大阪)も(宮城)もね。


根底としては日本人がコロナをなめてた。


有名人、博識な方がコロナを馬鹿にした、

最初に軽視をする発言を続けられた事も要因の一つ。

三浦さんはちょっとは改められてはいるけど。


きっとコロナは怒り心頭し

「舐めんなよ」

と言わんばかりに世界で猛威を。


ある意味コロナの能力を評価し対策をきちんとされた台湾やオーストラリアはすっかり平和ですもん。



一方比べて悪いけど比べますね!
まあ良く言えば楽観主義、陽気な人格の🇧🇷は
どうですか????



起きた事はもう仕方がない。。。


後は仙台、県職員が身を粉にし、お店を巡回。
(住宅地図に印を付けながら)一件一件を丁寧に。


国分町ローラー作戦

国分町で働く人全員検査、
これは両方やる価値が相当にあります。


国分町は歌舞伎並みの繁華街、
まず仙台自体がお店も人も集中をし過ぎている。


東北一極集中と言って全く言い過ぎでない。

(あとの東北は過疎が進むばかりです😑)

何人産んでも複数が流出😂


次はちょっと明るい記事を書きます。

「コロナで変わる世界を予想」は
整理で消しちゃってて残念。

予想はハズレでした!

だって思ったようには全く変わってなかったですもん!🤔

ちなみにライブハウスは換気の仕組みを大幅改造。
天井窓付けるか、郊外(工業地帯か山のような住宅地やオフィスから遠い場所)に移設を提案をしていました🤔

やる価値はあると思うのですが、
まあ当然にこれも全くでしょう!