ミルクティーの🏇応援ブログ

ストーカーが居るので今月で止める事にしました。ミルクティのブログ

金沢🏇9日の振り返り

9日の金沢も差しも決まる馬場でしたが、逃げ馬が垂れるのはそんなになかったですね💡

仕上がりの良い、体調の良さそうな馬の好走が目立ちました☺️

1R ここは明確な逃げ馬不在のレースでした。
逃げるなら③クリノアンボアーズ(対抗)か
④バイアウトと思ってましたが前者が逃げました。
本命②スペシャルタレントはあまり良い位置取りではなくなってしまってましたが、栗原騎手が上手く捌いて馬場も味方し2着に持ってきています。

金沢の買える若手は栗原騎手、柴田騎手、中島騎手
これは覚えておいて損はないです。


2Rも本命⑦カズレオポールの逃げきり勝ち。
ただ最後は凄く迫られて際どかったです。
先日~馬場が差しも効く事を考えたら強さは評価すべきと思います。
2着アスカファルコンも上積み期待で狙えます。
柴田騎手のスパイホップも入り、前で全て決まりました。


3R ここも中島騎手の③デルマネライウチの逃げきり勝ちでした。
2着に番手のマニワプリンセス、4番手のチェリーソングで決まっています。
狙った馬は4、5、6着となっています。
パドック見れませんでしたが状態や位置取りかも知れないです。


4R 新馬はハクサンフラワーの逃げきり勝ちでした。ビュンビュン飛ばしてますが、若いので垂れてしまう事なく圧勝でした。牡馬と思う程の行き脚、スピードに驚きです。
2着には中島騎手の乗った①ロンキングルックが最後方スタートで追い上げて来ました。


5R ここでこの日初めて逃げ馬が飛びました。
本命にしていた③グランデヴェーネレが4着。
状態と延長がキツかったのだと思います。
吉田騎手が乗らない時にちょっと考えてみるべきでした。対抗の柴田騎手のコサインチャンは2着。
1着は最後良い脚を使ったシュガーベイでした。
この辺りからやはり差しが利いてますね。


6R ここは状態の良かった人気薄二頭がやはり来ました。
体調と仕上がりが良ければ馬は走ってくれますね。
柴田騎手騎乗の6人気⑤シンボリピアフが逃げます。
1着は好位を取れた②マイネルクロノス。
この二頭は状態の良さが際立っていました。
本命にした⑥エレルペールは気配も低く3着に敗れてしまいました。
ですが、気配を見て今日は負ける!と分かったので馬は見たら気付ける事が多いです。


7R ⑥ジャジャが逃げてそれ以降の④⑦⑨のポジション争い激化で隊列もあって無いような、、、
勝ったカンジャンテは馬も良いですが、岡部騎手が腕で勝たせたような感じですね。
ペース配分、仕掛け所、もう完璧です。
他の騎手が飛ばしても冷静なんですね、それでいてここだという所では内からすーっと前に出して行きコーナーで先頭からの押しきり勝ち。
また言いますが「完璧」です。
生で見たら現地で岡部コールをしたい位の上手さです。もう全国の岡部です。
2着の堀場騎手騎乗の④ケイジートレジャーもかなり良い脚を使いました。


8R ここは悔しいです。
誰か見ても勝つとわかるルノートルが逃げての圧勝ですが、元返しです。いくらかけても元返しです。
2着はファイトプラスは状態良かったですね。
3着アムールクエストは赤岡騎手がかなり後ろに居たのにいつの間にか内を突いて3着まで来てます。
これも騎手の腕が大きいでしょう。
相手にみたマイネルピオネロは今日は競馬に参加してません。全部中川厩舎で決まってます。
中川厩舎はこの後も勢いは止まりません。
勝負週だったのでしょう。
あとはスタッフさんが優秀なのだと思います。



9R ここも全国の岡部がやりました。
10倍以上のハートブレイクを頭に持って来ました。
岡部騎手は金沢を手の内に入れてるんでしょうね。
ハートブレイクは中断から進めて最終コーナー未だ3番手だった事を考えたら差しが効く馬場継続中ですね!
逃げたユンゼイは惜しくも4着。
番手のパープルパルビナと好位のウィンドワルツで決まっているので、やはり位置取りの重要さも分かりますね。
後方に居たら諦めもつきます。
パープルパルビナは前から注目をしてる馬で、逃げでも番手でも4レース連続で馬券に絡んでいます。



10R いよいよ噂の中川厩舎のお出ましです。
日頃、多頭出しには細心の注意を払いますがここは
完全に見逃しました。。
池田騎手の乗ったプレツィオーゼ、好位~の番手につけて強い勝ち方をしました。
何が悔しいかって2着、3着のブルーセクション、ベルベットデナリ、この二頭を少ない点数で重視をしていたので勿体なかったです。
ワイドboxを選べば当たりでした。
これを踏まえてワイドboxは必ず買い目にと思います。
ヴレは一見すると前回と同じような競馬だったんですが、今回は内容を見るとかなり苦しい競馬となっていました。
ここで思ったのがいつも同じ乗り方では勝てないという事ですね。
騎手も未だ経験が浅いので、その時その時の瞬時の応用的な対処や判断がもし出来ていたら、ああいう乗り方にはなっていなかったような気はします🤔
ですが前回も早めに捲っての押しきり勝ちだったので、今回に関しては展開が向かず、仕方がないですね。
連戦の疲れはあったかも知れませんが、状態自体は悪くはないと思います。
4着のライフトップガンも最後に良い脚を使っています。次回も侮れないです。

11R 出馬票を見た段階で「他地区の本気さがヤバ過ぎる、、、金沢下手したら全部飛ぶわ」が
現実になりました。
◎⑧ウォーターループだったのですが、
▲②ドリームスイーブルが1着でした。◎は2着。
注目すべきは栗原騎手騎乗の③ウインクルゴール
の大逃げです。
思いきりが良かったです。
当然押さえてなくあわやと思いました。
パドック見て良かった②が1着で⑧と⑤が2着・3着に来てくれてます。
⑦アルファーテファについては位置が全く取れなかったのが全て。
⑥サノノツルギは③のペースで脚が無くなってしまってますが見所は作ったので、重視をされた方は納得はされたと思います。


12R 勝ったドリームライン、馬の事を良く分かる吉田騎手が乗られての勝利。
2着のマイネルリボーンも最後は良く伸びています。3着のカネコメオスター、良い馬なんですが、
佐藤騎手が大活躍な日でしたね。
最終レースはほぼ力通りに順当に決まってますね。


逃げ・前が有利ないつもの金沢でした。
そして夏なので暑さに負けていない、調子の良い馬が来るっていう流れでした。

この結果を次回出走の際に疲れはないかを併せて確認したらもっと精度も上がるかな、、、と思います。

とりあえず、メインがパドック通りに来てくれたのは良かったです☺️